Creality LDシリーズ 光造形機お使いの皆様へ(Chitubox v1.9.0対応にいて)

弊社取扱いのCreality社製光造形3Dプリンター【LDシリーズ】3機種(LD-002H、LD-002R、LD-006)において使用しています、スライサーソフトChituboxがアップデートされました。
エラーメッシュの修正など、メリットの多いアップデートではありますが、v1.9.0で作成されたデータを3Dプリンターで読み込む場合、本体のファームウェアの更新が必須となり、新たなデータを読み込むことができなくなります。

必ずファームウェアのアップデートが必要となりますので、ご利用の方は下記の方法をもとに行ってください!

※HALOTシリーズはHALOT BOXという別のスライサーソフトを使用するため、今回のアップデートに対する対応は不要です。

ダウンロードURL(英語)
【Chitubox】 Version 1.9.0ダウンロードはこちら

ファームウェアURL(英語)
【Creality社】ファームウェア配信サイトはこちら

◆ダウンロード手順
※Chituboxがダウンロードされている前提として進めさせていただきます。
※見本としてwindowsでの操作をご案内いたしますが、Mac OSにおいても流れに大きな差異はありません。

必要なもの:USBメモリー(製品付属の物でも可)

まず、Creality社ダウンロードページから、ファームウェアをダウンロードします。

①Resin Series Firmwareを選択、

②ご自身が所有する機種名を選択、

③一番上部に掲載されたファームウェアのZipファイルをダウンロードします。

④ダウンロードしたファイルを右クリックで選択し、「すべて展開」→「展開」で解凍します。

⑤中にある、BINファイル、LCDファイルを選択し、コピー(Ctl+C)します。

⑥USBメモリーにBINファイル、LCDファイルをペーストします。

このとき、ファイルごとではなく、データのみを、一番上の階層(フォルダに入れない!)に貼り付けてください。

⑦PCからUSBを取り出し、電源をOFFにしたプリンターに差し込みます。

⑧電源を入れ、「ピッ」という音がして立ち上がりに少し時間がかかるようであれば成功です!

念のためディスプレイから「System」→「About」を選択し、

Crealityサイトと同じバージョンのファームウェアが表示されているか確認してください。

最後に
繰り返しますが、Chitubox v1.9.0のアップデートを適用した場合、プリンターのファームウェアアップデートを行わないと、一切データを読み込むことができなくなります!

上記の方法でアップデートをお願いいたします!